けんかしている夫婦
公開履歴
緑のカプセルと瓶

早漏は慣れること、我慢することが大切だと、精神論のように感じている男性が多すぎます。
確かに慣れることと我慢することで早漏は解決策になりますが、慣れるというのはそう簡単なものではありません。
早漏の傾向が落ち着いた後にパートナーが変わったすぐの性行為で早く射精してしまうということもあります。
また我慢というのは特別なトレーニングを行って初めてできるものです。
精神論として我慢することは非常に難しいと言えるでしょう。

よって一番即効性がある早漏治療は、治療薬になります。
特に知名度の高いプリリジーは早漏治療薬の中でも人気で、ポゼットというプリリジーのジェネリック医薬品は格安で販売されています。
早漏治療薬を服用することで、射精のタイミングを遅らせることができるようになります。
早漏治療薬はもともと、抗うつ病剤を服用している患者さんの声をもとに開発された医薬品です。
服用している患者さんの射精がいつもより遅れたという報告から開発されました。
副作用が少なく、肝臓や腎臓に障害がない男性であれば、服用できますので、幅広い男性に服用して早漏を克服できるチャンスがあると言えるでしょう。

いままでは早漏は諦めなければならないという固定観念がありました。
思春期でマスターベーションを覚えた後、何らかの本で読んだ知識で自分は射精が早いのかと不安を感じた経験を持つ男性もいるでしょう。
お風呂に入っている時に、冷たい水や温かいお湯を交互に掛けるという方法で改善策を試みた方もいるかもしれません。
この問題は多くの男性が悩む男性特有の問題です。
慣れることや我慢すること、そして射精をトレーニングによってコントロールすることも大切ですが、確実に射精を遅らせたいのであれば、治療薬を服用することをおすすめします。
高い確率で遅らせることができるでしょう。